クマのひとりごと
観劇や、サッカー観戦、ブログの事や 日々、思った事・感じた事などを 綴ってみたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


16年振りのオリンピック出場!

決定当日は、出かけていたので
試合は見られませんでしたが、本当に良かったと思います。


男子バレーは、一時期
弱すぎてつまらない時期がありましたけど
今回の最終予選は、かなりドキドキしましたが
観戦するのはとても楽しかったです。

北京でも、ぜひ頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト


激混み覚悟で行って来ましたが
入場制限もなくすんなり入れて、
会場内でも「観賞順は自由ですので空いている所からごらん下さい」と
言われていましたが、「立ち止まらず、少しずつ移動してください」と
言われる程の混雑ではありませんでした。

お目当ては、もちろん日光・月光菩薩。
普段、薬師寺に行っても観られない
後姿を中心に観て来ました。

4月末に2点、展示品の入れ替えがあるらしいので
5月に入ったらもう一回行く予定だったりします。


さいたま芸術劇場へ、身毒丸を観に行きました。

で、ごめんなさい
絶賛されてる理由、さっぱり分かりませんでした。。。。。
内容も理解できなかったし・・・・・。

とても、期待していただけに
ガッカリして帰宅しました。


友達の誕生祝で旅行を計画。

春一番が一番吹き荒れてた時間帯は
ラッキーな事に友人宅で打ち合わせ中。
新年会も兼ねていたので昼間から飲んでました・・・・。

誕生月は4月ですが、旅行は10月。
しかも、今月京都に行ったばかりなのに
今度は奈良(と白浜)。

奈良に行くのも、かなり久々
法隆寺ははずせません!(京都旅行でも足を伸ばすやつだったりします)

今から、10月が楽しみです。


最終日です。
空港に向かうのは午後で良いので、
京都駅近くの伏見稲荷へ
千本鳥居に行ってきましたが
一周する時間はなかったので、三分の一付近にある迂回路から戻り
予定時間より早く京都駅に着いたので、ゆっくりお土産を購入。

とても充実した三日間でした。


ところで、何でフィギュアの男子のテレビ放送は深夜だったり
なかったりするんでしょうか???


二日目は、まず東寺
金堂で十二神将を観て、解説員の説明を聞いていると、
どんどん観光客が入ってるので、ジックリ観る間も無く
「先に進んでください」と言われ進みながら説明が続き
ちょうど説明が終わった所で、金堂の出口。。。。
タクシーのドライバーさんに「早いですね~」と
驚かれました。

灌頂院では、二つの曼荼羅
そして密教の奥儀伝授の儀式のビデオ放映がありました。
もちろん、五重塔も観てきました。

知恩院では、経蔵と初公開の勢至堂、
経蔵の壁画は保存の為、現在はプリントしたものを貼ってる箇所も
あるそうです。
そして三門、以前行った、南禅寺の三門より階段がキツかったような・・・・
中の様子は同じ感じでした。

お昼は、ドライバーさんオススメの湯豆腐のお店
天婦羅も付いて、なかなかリーズナブルのお値段で
大変美味しかったです。
残念ながら、お店の名前を覚えていない・・・・。

次に行った六道珍皇寺では薬師如来・閻魔堂・地獄絵
そして小野篁が地獄へ通うのに使ったとされる冥土通いの井戸(これは
ふたがされている上に庭に降りられず、室内からの見学でした)などを見学

コース最後は六波羅蜜寺
本尊の十一面観音は秘仏なので拝観できませんでしたが
空也上人ゆかりの寺宝が特別展示されており重文をいくつも
拝観する事ができました。

時間が少し余ったので、どこか回っていただけるとの事で
下賀茂神社に行きました。とても綺麗でした。
その後、何箇所か車上から見学させて頂き
予定時間を少しオーバーしてのホテル到着。
ドライバーさんの話もとても楽しく、あっと言うまの二日間でした。

その後、京都在住の友達と駅ビルの「がんこ」というお店で
久々の再開、楽しいひと時を過ごしました。


JALのパックを利用したので、まずは伊丹へ。

伊丹からリムジンバスで京都。
京都駅からホテルまでは地下鉄。
ホテルでタクシー観光のタクシーが待っているので
午後から早速、観光。

今回は、さまざまな場所で特別公開をやっていて
地元の方がボランティアで解説員をしていて
とても勉強になりました。


本当は相国寺と立本寺の予定でしたが
当日は立本寺が拝観出来なかった為、知積院へ。

相国寺の、瑞春院では雁の寺の元となった孔雀の襖絵や水琴窟
開山堂の龍淵水の庭は今回初公開だったそうです。
解説の方は、住職のプライベート空間の庭だから
そんなに見る価値はないなどと言っていましたが
とても綺麗な庭でした。

法堂の天井画「幡龍図」、日光の鳴き龍は東照宮の方が
拍子木で音を出してましたが、こちらは観光客が自分の手を打って
音を聞けるようになってました。
私の前にやってた方は皆、龍の口元からかなりずれた場所で手を打ってたからか
「聞こえない」「響かない」という人が多かったです。
私と母は、しっかり響く音を確認でしました。


知積院では、堂本印象の襖絵や庭園。
ここは廬山をかたどった庭との事でした。
ただ、綺麗に作っているのではなく
石の置き方や水の流れ方などに、しっかり意味があり
緻密に計算されている事に感心しきり。。。

今回、京都では特別公開のお寺等を回るとスタンプを貰え
3つ貯まると、契約している喫茶店等でお茶を頂けるサービスがあり
美味しいお茶を頂いて、一日目が終了

夜は、近くのお店に今日料理をいただきに。
とても美味しかったです。



Pearl Box
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。